北口雅章法律事務所

弁護士のブログBlog

内田正人・前監督のあまりに・・・・

『内田正人・前監督のあまりに 「アホ」 な 「誤算」  *追記あり』

と題して,小職は,加害選手の『記者会見』前(5月22日)の時点で,

下掲・ブログを投稿しましたが,前提事実の認識に誤認があったことが明らかになりました。

ついては,今般,下掲・ブログを全面的に撤回します。加うるに,

内田正人・前監督の指定暴力団・組長「顔負け」の暴虐行動には,

一片の同情の余地もなく,「前代未聞の悪質さ」に驚くとともに,

「外野席から」強く抗議します。

 

 

日本大學・アメリカンフットボール部内田正人・前監督が,
伝統ある「日本大學」の看板に泥を塗った。
前監督ご本人とて,「消え失せたい心境」であろうし,
「溺れる犬を棒で叩く」のは,私の本意ではない。

しかしながら,
「身から出たサビ」であり,「スポーツマンシップ」に背馳した,
悪質な「反則ワザ」の指示に,同情の余地は全くないか?,

といえば,そうでもない。*追記あり

内田前監督の「アホ」な「反則」指示が,
事態を,まるで特大「アドバルーン」の如くに打ち上げさせ,
「バルンガ」『ウルトラQ』参照)の如く,ここまで膨脹させた背景には,
内田前監督にとっては「誤算」の数々が重なってしまった,
という面は否定できないであろう。

第1に,前監督は,選手の耳元で,『お前も一発返せ』,『気持ちを見せろ』などと教唆したかもしれないが,さすがに,当該部員に対して,あれほど「露骨な」,『「反則ワザ」(=犯罪行為)をやってこい!!』,とは指示していなかったはずだ(注**)。

日大・アメフト部の学生は,曲がりなりにも「大学生」である。
本来的には,「大人としての分別」がつくハズの年齢であり,
選挙権だってもっている。
あんな「アホな」「何の悪びれもしない」「大バカ行為」をするとは,
内田前監督にとっては,想定外注**の「誤算」だったに違いない。
(「隠れて,コソッとやれ!,上手にばれないようにな。」という趣旨で言ったであろうことは,社会常識ではないか。)

第2にあれほど見事にテレビカメラに「反則ワザ」(=犯罪行為)を捉えられ連日繰り返し,お茶の間に,放送を「垂(た)れ流し」されることも内田前監督にとっては,全くの「誤算」だったに違いない。

でもね。アンタも,一時は「雲隠れ」して,謝罪会見を遅らせ,
謝罪会見では,相手方の名称を読み間違え,
「人事担当常務理事」として,
監督の指図を曲解して(**注:「正しく理解して」の誤りでした),あれほどまでに「露骨な」「反則ワザ」をした「アホで」未熟な「体育会系・運動少年」を,伝統ある「日本大學の大学生」として,入学金もらって受け容れたのだし,その(監督ともども)「アホさ加減」に起因して,最悪の事態を理解・予測していなかったのであるから,弁明の余地はない

それにしても,

いくら「体育会系」大学とはいえ,

教員と学生の「知的レベルの低下」がここまで進行しているとは・・・。

(アメ・フトでの「ぶつかり合い」でも,「相撲」じゃなく,ヘルメットをかぶっているとはいえ,恒常的な脳震盪によって,脳内血管がマヒ・攣縮し,頭がイカレてしまっていたのかもしれないが。)

以上の意味で,本件「傷害」(刑法204条)事案は,

近時の一部教員と,一部大学生の「知的レベル」の「著しい低下」を「象徴」する事件ではないか,と思う。

 

*追記(5月23日):上記ブログは,昨日の「元選手の記者会見」報道の前に書き込んだ所感。昨日の記者会見を報道を踏まえた,今朝の記事をみた限りでは,監督に同情の余地は全くなく,確信犯の可能性が出てきたように思う。コーチとの間で順次共謀があるようで,ラフプレーが「繰り返し」行われていることに鑑みると,監督ともども恒久的に「レッドカード」であろう。もちろん,いくら監督・コーチの指示があったとはいえ,学生選手だって,あんな悪質なラフプレーは問題外だから上掲ブログの撤回の必要を認めないが,大相撲業界と同様,日大のイメージ悪化は深刻で,アメフト部の廃部が避けられるか?,微妙ではないか。大學自体にも「危機意識」が欠落しているようだし・・・。

*追記(5月25日):注**)本ブログは,上記のとおり,加害選手の記者会見前(5月22日)に書き込んだ感想でした。ところが,その後の報道で,監督・コーチが「意図」して招いた事態であること次第に明らかになってきたようです。したがいまして,本日(5月25日)の時点では,上記(注**)のところは,私も認識を改めないといけないと思うに至りました。事態は,まだまだ時々刻々と変化しそうですね。