北口雅章法律事務所

弁護士のブログBlog

元市会議長の横井利明くん(市会議員)へ

元名古屋市会議長横井利明氏(現・名古屋市会議員)が,
WADASUの弁護士費用の金額を彼の「オフィシャル・ブログ」で公開していた。

横井氏といえば,河村たかし市長との「尾張漫才」で,
「ボケ役」(河村市長)に対する「ツッコミ役」(=マンガのネタ)にされていた人物。

 

(出典:平成22年9月20日朝日新聞,漫画家:いとう耐さん作)

さて,彼のブログには,何と書いてあったか?
「破格の弁護士費用」が「税金から支出されている」だとぉ!!?

 

「破格」というと,高い場合と,安い場合とがあり,
WADASUの場合,
「原則に比較し,約10分の1程度」
(税抜400万円→税抜50万円↓↓LL)の「超低額」なので,
現実として,横井氏も認めるとおり限りなくボランティアに近い仕事である。

ところが,「反河村派」の横井氏から,公式ブログで,
本来的には無用だったはずの「税金からの支出」(公金支出)であるなどと指摘されると,

膨大な時間的・エネルギー的負担に引き換え,
「雀の涙」のような弁護士費用であっても,何かと誤解を受けるような気がしてならない。

 

それにしても,このような微々たる「税金負担」であるにもかかわらず,
「これもまた,税金が支払われることになる」などと
ブログで強調するかぁ??

それをいうなら,
「議員報酬」は,どうなんじゃい!!。

河村市長が公約に沿って「議員報酬」を半減させた後
(1600万円 → 800万円 ↓↓L),
市議団が,お手盛り条例」で,655万円も増額させたではないか!!
800万円 → 1455万円 ↑↑H)

これこそ,「税金からの支出」だぜ。
しかも,他人(ひと)の弁護士費用を公開するなら,
総支給額・数億円にのぼる名古屋市議の政務活動費の中から,
横井市議ご自身が受領した政務活動費だって公開したら,どうなんだよ!!。
これだって,結構な金額の「税金からの支出」なんだからな!!。

(平成28年3月9日 日経新聞)